ハワイ語で浄化の水を意味する
Wailani(ワイラニ)
光を身にまとうようなジュエリーライン
同じものはひとつもない、
セミ・オーダーメイドです

 

HOME > Wailani癒しの水について > Wailaniの誕生 > 天然水晶の希少性 > 制作者プロフィール

 

天然水晶の希少性について

 

Wailaniで使用しております水晶(クオーツ)は、天然水晶の中で最も高額で取引されているAAA(トリプルA)のランクの無色透明の原石から、特別な方法でカットされ、約1ヵ月間の研磨工程を経て磨き上げられ、製作されています。

通常、天然水晶は原石を取引する上で、すべてランク付けされ、価格が決定されます。原石の帯びる色が無色のものほど、また、内包物が少ないほど、その希少性が高まります。

近年、水晶類の中でも特に天然水晶の人気が急上昇し、良いクオリティの原石を確保することはとても困難になりました。またその産出量も著しく減少しています。その要因として、今まで主流であったアメリカ及びヨーロッパの需要以上にアジア諸国での人気拡大が原因だとされています。現在、市場で取引されている原石のクオリティはAないしAAクラスがその大半を占めているようです。

一方、最近市場では、Aランクの水晶を溶かし再生した溶錬水晶や人工水晶が大変多く出回るようになりました。またインターネットの普及により容易に販売が可能になったと同時に、その表示方法にあいまいな点が多いため、お客様に誤解をまねく問題も多く聞くようになりました。

弊社ではお客様への誤解をまねかないように、また本物へのこだわりの証明として、ご希望により鑑別書(料金別途)を製作しております。

Wailaniを鑑別していただく鑑別機関は中央宝石研究所(東京台東区)です。中央宝石研究所は日本で権威のある信頼のおける鑑別機関です。通常の鑑別検査のほかに、細部にわたる高度な分析検査を行います。

一般の鑑別機関では、高度な分析が行われないため、水晶の表示は「クオーツ」あるいは「水晶」のみの表示となります。

Wailaniは研磨工房で約50年前からブラジルより買付けの際にコレクションしてきた最高ランクAAAの天然水晶を使用して、製品が造られています。

※現在は中央宝石研究所発行の鑑別書を採用しております。

 

 < Back

Next > 

HOME > Wailani癒しの水について > Wailaniの誕生 > 天然水晶の希少性 > 制作者プロフィール

 

商品についてのお問合せ
E-mail: stellamrine@s8.dion.ne.jp TEL 0467-24-4721
株式会社ステラマリン 神奈川県鎌倉市二階堂694

© wailani.jp All rights reserved.
Credits: Dynamic Drive DHTML/ CSS Library